【追悼】QUMARIONのSDKが公開停止されていた話

Pocket

はい。

まずは事実関係から

姿勢情報インプット人型デバイスであるQUMARIONの、
公式SDKがいつの間にか公開終了していました。

SDKの公開終了を知った経緯ですが、発端は以前に作ったC#向けラッパーの、
QumarionDotNetへのissueでした。

こちらで公式サイトのSDKがダウンロードできないとの報告を受け、
SDK公開先のはずのURLにアクセスしてみたところ、
QUMARIONの購入ページに飛ばされてしまうようになってました。
以下がそのURLです。

http://www.clip-studio.com/quma/sdk

私自身も何が起こったのか興味があったため、
CELSYSの問い合わせフォームで聞いてみたところ、
SDKは公開終了しています」という主旨の回答を頂きました。

QUMARION自体をまだ売っているのだから
SDKもあわせて公開継続してほしい気はしますが、
まあ発売当初よりQUMARIONの存在意義が薄れているので、
SDKの公開終了も道理かなあ、と思っています。

なぜQUMARIONはもう不要なのか

QUMARIONが昔に比べて不要なデバイスになってしまった理由ですが、
私の観察ではVRが伸びたからで説明がつくと思っています。

というのも、HTC ViveなどのややハイエンドなVRであれば
「VR上でキャラをぐりぐり動かす」というアプリケーションによって
QUMARIONとだいたい同じ事ができます。
ユーザー自身が手足を動かすモーションキャプチャベースでも
キャラを動かす方法はいろいろあります。

まだ「コレだ!」と言える定番ソフトは恐らくありませんが、
それでもVRは(少なくともポテンシャルとして)以下の点で優れています。

  • 拡大、縮小などが自由
  • ヒューマノイドキャラを差し替えて直接グリグリできる
  • 手の指など、細かいところにも手が入れられる
  • 汎用的なVR機材だけ持っていればOK
  • FKにもIKにも対応でき、キャラの骨格差に対してロバスト

いっぽうQUMARIONはこう。

  • 大きさは固定
  • 人形越しでしかキャラをいじれない、直接触れない
  • 手指など、細かいところはいじれない
  • 専用デバイスを買わないとダメ
  • 原理的にFKにしか対応せず、変わった骨格のキャラに弱い

…ボコボコですね。
セルシスからすれば十分頑張ったし潮時でしょう。

それでもQUMARIONは良いヤツだった

VR機材との比較でQUMARIONをこき下ろしてしまいましたが、
追悼記事としてQUMARIONの良いところにも触れておこうと思います。

今でもQUMARIONがオンリーワンで優れている所として、
「触ることができ、目を離しても操作できる」という点が挙げられます。
これがメリットとして活きるケースはちょっと特殊ですが、
例えばPepperを動かしたコレが一例になります。

ここではユースケースとして以下の条件が揃っています。

  • リアルタイムで使う
  • リアルな物体である、人型の何か(Pepper)を動かす
  • 操作者はQUMARIONから目を離したい(Pepperのほうを見ていたい)

コレはQUMARIONの用途としてはヘンテコな部類ですが、
このような使い方であれば、人形という物体の形状がとても有効に働きます。

…やっぱりいい子でしたね、QUMARION。

追悼される記事たち

古いものから順に。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください