YUMENIKKI-DREAM DIARY-のAny%RTAチャート化

Pocket

前回に続いて技術性のない記事というか「作っちゃったから」系のやつです。

1. 概要

タイトル通り、YUMENIKKI-DREAM DIARY-の記事です。
というかAny%RTAチャート作成報告です。
本記事の主旨は

  • ゲームの感想を書きつつ、
  • ノリで作ったRTAチャート案も供養する

とかそんな感じです。

2. チャートについて

2.1. 置き場所とか

Google Driveに突っ込んだので適当に取って使ってください。
本ブログではソースコードの公開報告もしてるので、
そのノリでライセンスも明記しておきますが、public domainです。
要するに適当でいいです。
質問や、明らかにマズい誤記などあればご連絡ください。

2.2. 補足

基本はファイルに載ってる通りです。
とくに「学校」とかは一本道で改善の余地あまり無さそう、という所感です。
逆に、甘い所としては最初の攻略面(ショッピングモール)の検討が他に比べてザツなので、本気で走る人はぜひ改善を検討してください。

3. ゲームに対する感想

素直に言うと「なんだこれ、ゲームじゃん」が第一印象で、ややネガティブな受け止め方をしたゲームです。まあRTAチャート作ってる以上、最終的にはある程度気に入ったんですが。

「ゆめにっき」が好きな人にとっては(2/25時点のSteamレビューが示す通り)賛否両論あるゲームだと思います。
なかでも、私が特に気にしてるのは「コンセプトが違うのでは?」という点です。
ゲームとしてのボリューム感の問題も絡むのであまり強く言えませんが、
「テキトーに徘徊できる」感が薄いのと、ちょっとホラーに寄せすぎでは?と。

まあ、そうはいっても重要演出は抑え、夢らしい雰囲気も盛り込まれてます。
「ゆめにっき」と別ジャンルと割り切れば普通に成り立ってるゲームだ、というのが個人的な結論です。
(RTA観点では「走るのに丁度いい」というのもポイント高いです)

その他、私があまり気にしてない事に対するレビューへの意見はこんな感じ。

  • バグが多い/品質悪い(コントローラの操作設定とか)
    • パッチで徐々に直ってるのでさほど問題なさそう
  • ボリューム不足
    • どちらかというと本家のボリュームがおかしい
  • 青鬼とコラボするな、そういうゲームじゃないだろ
    • 「嫌なら見るな」が成立するコラボ方法なので落としどころとして納得
    • ドット絵の窓付き動かせるので個人的にはアリ

4. まとめ

この記事タイトルで読みに来た人に行っても仕方ないんですが、
気になってる人は買ってプレイすればいいんじゃないでしょうか。はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください