退職から約2ヶ月が経ちました

Pocket

タイトル通りです。

もくじ

  1. 自己紹介
  2. 辞めた理由
  3. 転職後の働き方
  4. 最後に: 他人の後押しで決断するという事
  5. おまけ: 転職前の給与明細

1. 自己紹介

ソフトウェアエンジニアで、産業用ロボット関係の仕事をしていました。
ソフト開発を含め、それなりに色々な仕事をやってました。
技術的な得意分野とかはプロフィール等から察してください。

2. 辞めた理由

直接的な理由は一本釣りスカウトです。
このブログを見た方から(エージェント経由無しで)お誘いが来たので、
「ほう」と思って乗っかりました。

仕事内容、待遇いずれも良かったので、ほぼ即決でOKしました。

また、(辞める人は大概そう言いますが)職場への不満も退職理由の一つです。

職場の不満をざっと並べるとこう。

  • 会議が多い
  • 勤務時間の自由度が低すぎる
  • 田舎なので東京の勉強会に行きにくい
  • 事業の今後が不透明で、仕事してて楽しくない
  • ここ数年で日本の産業ロボ業界がパッとしなくなっている1
  • 業務中に勉強する文化が弱く、ソフトウェアエンジニアの平均レベルが低い

逆に良かった点はこう。

  • コードは書かせてもらえた(下請けに丸投げではなかった)
  • 労務管理がそこまで悪くない
  • ボーナスの払いはよい
  • 残業ほどほど
  • 職場の人の人当たりがよかった2

特に不満だったのはソフトウェア方面での個人的な成長が鈍ったことです。
周りの雰囲気のせいで「まあいいか」と思ってしまいそうなのも危険でした。
周囲が勉強していないのに自分だけ続けるのは結構しんどいものです。

このまま5年もいれば転職先の見つからない無能になる自信があったため、
見切りをつけるには丁度よかったと思っています。

3. 転職後の働き方と生活

まだ2ヶ月なので仕事の今後どうこうは言えませんが、
間違いなく仕事はしやすくなりました。

  • 会議が少ない
  • 残業相当の仕事ほぼゼロ
  • 完全フレックス(土日で仕事して平日休むとかもOK)
  • 都内に引っ越せたので勉強会やイベントに行きやすい
  • 仕事中に勉強できる
  • ソフト周りで諸々きちんとやっている

給料も上がってますが、就業形態がだいぶ変化しているので、
お金回りの比較を書くにはもう少し期間が必要かな、という感じです。

4. 最後に: 他人の後押しで決断するという事

辞めた理由にもあるとおり、今回はスカウトに乗る形での退職になりました。
この辞め方に関連して、私が6年前から意識している教訓を紹介します。

  • 決断に踏み切れないときは、他人の後押しをうまく活用してもいい
  • 他人の後押しが不可欠ならば、チャンスは大切にした方がいい

職場に不満があっても「辞めます」の一言を切り出すのはけっこう重いです。
(とくに一回目の退職はそうだと思います)
この点でスカウトという後押しは大いに役立ちました。

もちろんリスクは自分で負ってますが、自発的に辞めるよりは楽ですし、
結果から見れば働き方も改善できたので、
人生のエンジニアリングとしては成功したつもりでいます。

今回は以上です。
冬の賞与をもらう頃、また何か記事を公開するかもしれません。

5. おまけ: 転職前の給与明細

転職前の明細です。退職エントリの風物詩ですね。

条件はこうです。

  • 入社3年目
  • 残業40Hくらい
  • 控除のなかに家賃とお昼代込み

多いか少ないかは読者各自の判断ということでおまかせします。


  1. この話を詳しく知りたい方(とくに学生さん)はTwitter越しにご飯に誘っていただくと何か話すかもしれません。 
  2. 退職にあたり上司以外の全員が「いいね」的なコメントを返してくれました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください