SynchroGazer-Type:B

Pocket

本ページはソフト公開に向けたページ整備中です。ソフト本体の公開は2017年12月中を予定しており、使用イメージなどは公開に向けて随時追加します。

Synchrogazer-Type:Bは視線トラッキングによるマウス操作を行うPC向けアプリケーションです。

※使用にあたってはTobii Eye Tracker 4Cが必要です。

1. 概要

  • シングルクリック、ダブルクリック、マウス中央ボタンクリックまでサポート
  • まばたきによるクリック実行を2通りサポート
    • 通常のまばたきでおおまかな位置をクリック
    • ウインク状によってマウス位置をロックし、ある程度正確な位置をクリック
  • 視線に追従するキャラクター表示
    • 初期リリース時点ではクエリちゃん、プロ生ちゃん、東北ずん子に対応しています。

本ソフトのおもな狙いは、デスクトップ上のアイコンをクリックしての起動や、ウェブコミックの閲覧など、大まかな位置でマウスクリックできればよいユースケースでの補助的な操作です。

3. 対応環境

  • Windowsのみ対応
  • 動作確認: Windows 10
  • 動作しそうな環境: (たぶん)Windows 7以降

4. 基本的な使い方

ソフトを起動するとキャラクターが表示され、まばたきによるマウス入力が可能になります。

マウス入力を行うためのまばたき動作は3通りです。

  • 通常:
    1. 両目とも開いた状態から、1.5秒以内に両目で3回連続でまばたきします。
  • 左ウィンク:
    1. 左目を閉じます。片目を閉じた時点でマウスがクリック予定位置に移動します。
    2. 左目は閉じたままで、右目を2.5秒以内に3回連続でまばたきします。
  • 右ウィンク:
    1. 右目を閉じます。片目を閉じた時点でマウスがクリック予定位置に移動します。
    2. 右目は閉じたままで、左目を2.5秒以内に3回連続でまばたきします。

また、マウス入力モードは以下の3種類があります。入力モードを変更するには、表示されるキャラクターの付近を注視することでパレットを表示させ、各モードをあらわすアイコンのうち、選択したいものに注目します。

  • シングルクリック
  • ダブルクリック
  • 中央クリック

入力モードとまばたき動作の組み合わせにより、実際には以下に示すマウス動作を行います。
下記はデフォルト設定であり、一部については設定で変更可能です。

入力モード まばたき種類 実行する動作
シングルクリック 通常 左クリック
シングルクリック 左ウィンク 左クリック
シングルクリック 右ウィンク 右クリック
ダブルクリック 通常 左ダブルクリック
ダブルクリック 左ウィンク 左ダブルクリック
ダブルクリック 右ウィンク 右ダブルクリック
中央クリック 3種類すべて共通 中央クリック

5. 設定の切り替え

ソフト起動後、タスクバーに表示されたSynchrogazer-Type:Bのアイコンをクリックすることで、設定画面を開くことが出来ます。

5.1. Status

Tobii Eye Trackerによる視線検出状態を示します。
また、この画面で入力モードを選択することもできます。

5.2. Setting

ユーザーが変更可能な設定の一覧画面です。

  • キャラクター:
    • キャラクターを選択します。
  • キャラクター – 表示サイズ:
    • キャラクターの表示倍率を選択します。このとき、キャラクター表示倍率を変更すると入力モードアイコンのサイズについても同様に表示サイズが変化します。
  • キャラクター – ディスプレイ番号:
    • キャラクターを表示するディスプレイの番号を選択します。デフォルトではディスプレイ1が選択されます。
  • キャラクター – 表示位置
    • ディスプレイの左下、あるいは右下にキャラクターを表示するよう選択します。
  • まばたき操作 – 円形アイコンをつねに表示:
    • 有効にすると、Synchrogazerが認識している視線トラッキング位置の付近に、緑色の円形マークを表示します。
  • まばたき操作 – 視点固定マークを表示:
    • 有効にすると、片目をとじたときのマウスロック位置に、緑色の円形マークを表示します。
  • まばたき操作 – 操作時にアニメーション表示:
    • 有効にすると、まばたき操作を行った際に、クリック位置を示すアニメーションを表示します。
  • まばたき操作 – リバースモード:
    • 有効にすると、左ウィンクと右ウィンクの効果が切り替わります(後述)。
  • まばたき操作 – ウィンク操作のみ許可:
    • 有効にすると、「通常」のクリックでは何も発生しなくなり、左ウィンクあるいは右ウィンクのみに反応するようになります。
  • 言語
    • 日本語、あるいは英語表示を切り替えます。再起動で反映されます。
  • 接続 – UDP Port1およびUDP Port2
    • 通常は変更する必要はありません。
    • 他のUDP通信とポートが重複してしまう場合、ポート番号を変更してください。再起動で反映されます。

リバースモードでは以下の太字に示すように、実行する動作が変化します。

入力モード まばたき種類 実行する動作
シングルクリック 通常 左クリック
シングルクリック 左ウィンク 右クリック
シングルクリック 右ウィンク 左クリック
ダブルクリック 通常 左ダブルクリック
ダブルクリック 左ウィンク 右ダブルクリック
ダブルクリック 右ウィンク 左ダブルクリック
中央クリック 3種類すべて共通 中央クリック

5.3. About

ソフトウェアの基本情報およびライセンスを掲載しています。

6. 使用上のアドバイス

  • 入力モードを滅多に変更しない場合や、キャラクター表示が大きすぎるのが気になる場合は、キャラクターの表示倍率を大幅に小さくしてください。
  • マウスの誤操作が頻発する場合、「ウィンク操作のみを許可」を有効にし、通常まばたきは使用しないでください。
  • 明らかに注視した位置とマウスクリックの位置がずれている場合、以下の対策を行ってください。
    • Tobii Eye Tracker本体の「Gaze Trace」機能を有効にします。
    • 「円形アイコンをつねに表示」をオンにし、Gaze Traceの表示とほぼ同じ位置に青色の円が表示されているかどうかを確認してください。
      • 緑色の円が正常に表示された場合、Gaze Traceとほぼ同じ軌跡上を動きますが、Gaze Traceより動きはゆっくしています。
      • 緑色の円が問題なく表示されている場合、Tobiiのキャリブレーションがずれてしまっている可能性が高いため、キャリブレーションを再度実施してください。
      • 緑色の円が表示されない、あるいは位置が大幅にずれている場合は、Synchrogazer-Type:Bのバグである可能性が高いため、製作者に問い合わせてください。